FC2ブログ

Locmaria (ロクマリア) シルバーアクセ制作ブログ

独学ワックスモデリングによるアクセサリー作り☆

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作シリコン型でWAX複製!


Category: 作品/白頭鷲   Tags: ---
はいまた久々のブログですね(笑)

でも遊んでたわけではなくてですね、色々と実験してました。


まず話をする前に説明せんといかん事があるのですが、今の設備的な現状として、
①インジェクションワックスを抽出するワックスポットを持っていない
②ゴム型を作るホットプレスを持っていない
という事。

もちろん外注に出せば型は作ってもらえるし、インジェクションワックスでの複製品も手に入ります。

でも…もっと簡易的に複製が出来ないものかと(もちろん安くw)

そんならまずは自作でシリコン型作るしかないっしょ!!ってことで、まずはボークスホビースクエア京都

んで、必要な材料を購入。

s-rps20120411_184538.jpg

造形村のシリコンと、ブロックとほいく粘土とか他もろもろ。

実は8年ほど前にシリコン型作り自体は経験済み。
レジンで複製してレッドデビル作ったやつです。→これ

まぁそれはさておき、今回複製する物は、こないだ完成した白頭鷲。

fc2blog_20120417203643792.jpg

これを複製したいと思います。

まずこれを選んだ理由としては、羽根模様や鷲の爪部分がどのレベルまで再現出来るかが判る事によって、今後のシリコン型での複製に大いに参考になるからということ。
逆に言うとこのレベルくらいは複製できないと使い物にならないって事。

まぁ色々と思惑があるので、是非成功させたいなと。


では参ります。

まずは二面取りを考えているので、ブロックで枠を作ってほいく粘土を敷き詰めます。

rps20120502_231329_601.jpg




そんで半分埋め込んでセッティング

rps20120502_231511_425.jpg

底面には湯道用に造形を入れてないので逆さ向けて流し込みを溜める部分を足してます。



で、ブロックで更に枠を立てて片面シリコン流し込み。

rps20120502_231707_450.jpg

もっと気候が良くなれば6時間くらいで完全硬化するみたいやけど、それよりもうちょい長めに放置。



で硬化後反対向けてほいく粘土ひっぺがした状態がこれ。

rps20120502_231751_813.jpg

次にもう半面シリコンを流す前に、シリコン同士がくっつかないようにバリヤーコートを塗るのを忘れずに!!
塗らなかったら…合体します(笑)



で、再度ブロックを立ててもう半面にシリコンを流し込んで~硬化を待って~





完成!

rps20120502_232410.jpg



立ててみるとこう!

rps20120502_232027_785.jpg



で、複製するとこう!!

rps20120502_232814_807.jpg



ほんでもって予想どおり、失敗するとこう!!!(笑)

rps20120502_233011_431.jpg

ものの見事に気泡が溜まっております。

スカルのほっぺにまん丸と、鷲の爪にいたっては論外(笑)


まず失敗するには原因があります。
でもその失敗理由というのがとても重要。
なぜならば、それを理解し紐解く事で成功への道が開かれるから。


さて、まずは通常使うワックスポットというのはとても合理的。
温度を上昇させてワックスを溶かし、なおかつ圧力をかけながら排出するので、固まる前にゴム型の中に押し広がり隅々までいきわたる。

でも今回それが出来ず、このシリコン型を使うということは、溶かしたワックスを流し込むという方法になる。
でも通常のインジェクションワックスは粘度があり流動性が悪いから使用に向かない。
なので、溶解時に液体並みに流動性が良いワックスをゲットすることは必須。

そして次は気泡対策。

ワックスを流すのはレジンを流す場合よりも制限時間が極端に短く、気泡が残っていれば即座にそのままの形状で表れてしまう。

さっきのスカルのほっぺの様に。

課題としては
①できるだけ冷める前の液体の状態をキープする。
②気泡を無くす工夫をする。

まず①をクリアするのには、「熱」を帯びている「時間」が必要。
ではその状態をキープするにはどうすれば良いのか。

ワックスは冷えた物に触れればすぐに固体化する。だから最初に触れるシリコンの温度が高ければできるだけ液状をキープできるんじゃねーかなと。だもんでシリコンを温めやす!

んで次

気泡を無くす工夫をするですが…

それは…



ノウハウなので(笑)色々試しながら皆さんで考えましょう!

だって、ここまで来るのに型作り二回失敗してるからね(笑)これ三個目の型ですから(爆)




んで、

結果的には成功でごぜーます。

rps20120502_233057.jpg

鷲の爪先にもバッチリとワックスが流れてますし、羽根の模様もしっかり表現できました!


よしよし♪

このやり方が可能という事になれば、この先の考えてる事も色々と形にしていけるなぁ~♪

まぁ設備や資金がねぇんなら、アイデア絞るしかねぇっすからね!



日々精進!

スポンサーサイト

羽根の筋彫り


Category: 作品/白頭鷲   Tags: ---






うむ。こんな感じかな。

次は頭の上に丸カン付ける穴作ってそろそろ完成させよ

だいぶ完成に近づいてきた♪


Category: 作品/白頭鷲   Tags: ---
前面と顔だちはこんな感じで





後ろから



細かく修正したら、次は羽根にスジ彫り入れていきます

肩付近までやってきた


Category: 作品/白頭鷲   Tags: ---
ワサワサと羽根が増えてます。

このまま首を上がっていこうかな?

いやいや、やっぱり足を作って前面を仕上げていってから胸と首に、そんで顔、最後にスカル作るか。

じわりじわりと…


Category: 作品/白頭鷲   Tags: ---
進んでおりますε=ε=ヾ(●´Д`)ノ






う~む…r(-◎ω◎-) 続きを考え中.....

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
カウンター
 
☆ページ移動☆
 
プロフィール

FUJIMO

Author:FUJIMO
34歳
O型
活動拠点:京都

京都府の山に囲まれた地域で育つ。
趣味で絵を描いたり、木工作品作りなどに没頭。
18歳から大阪での生活が始まり、そこから様々な人に出会い刺激を受け、また仕事柄様々な事を経験。
そこで養われた感性とアイディアを基礎として、ジャンルに囚われずに「良いものは良い」という精神で好きなことは何でも自分の中に取り込んで消化し、それをFUJIMOとしてどう表現できるかと考えながら独学で様々なことに挑戦をしています。

湧き上がるアイデアや衝動があるのなら、それを抑える必要なんてない。
創りたければ創れば良い。
自分の感性を信じれば良い。

Free style design & create


☆★ホームページ★☆
http://www.locmaria-art-works.com/

 
Lc.ツリーカテゴリー
 
 
過去の記事
 
ブログ全記事表示
 
 
メールフォーム
★☆ご質問などはこちらから☆★

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブログ内検索
 
 
この記事にリンクを貼る
 
Twitter on FC2
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。