FC2ブログ

Locmaria (ロクマリア) シルバーアクセ制作ブログ

独学ワックスモデリングによるアクセサリー作り☆

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーダーの品に取り掛かろう


Category: 作品/千社札タグ   Tags: ---
とりあえず、今回はリングではないので薄めのブロックワックスを用意。


s-RIMG0898.jpg



薄く2枚切り出す


s-RIMG0901.jpg

これをヤスってさらに薄くしていく。




さて…


脳内シュミレーションはほぼ終了しているが、イメージ通り事は進むのか?!

それと大まかなデザインは伝えられたが、基本的に後は俺のセンスにお任せっていう感じなので

依頼主はデザインのプロ…見る目は当然厳しいだろうが…



孫悟空的に言うと「オラ ワクワクすっぞ」

である。



まぁとにかく、前へ進むべし。

スポンサーサイト

チベタンスカルリング/Tibetan Skull Ring


Category: 作品/チベタンスカルリング   Tags: ---
ついに…

ついに…


チベタンスカルリングの完成です


ほんと構想からしたら2年半くらい経ってます


長かったなぁ?…


ちなみに、作るのに2年半かかったわけではなく、2年半前の自分はとても技術が未熟であって、頭の中に描いた考えが形として表すことがとてもできなかったので創れなかったのです。


なので技術を磨くこと約2年…

プロジェクトは今年の3月に完成したリアルスカルリングから始動しはじめたのです。




まずなによりチベタンスカルリングを創るにあたって、『リアルなスカルをベースとして装飾を加えていく』という事が大前提でありました。


そもそもチベタンスカルとは、チベット密教の高僧の頭蓋骨を銀や珊瑚やトルコ石などで装飾を施したカパラという杯の法具であるために、やはりまずは頭蓋骨からしっかりと意識して形づくっていくことが、神聖な法具に対する礼儀なのかなと自分自身感じました。

そしてもし装飾をされた状態のデザインを最初から創っていくと、頭蓋骨として絶対に造形の作り込みのバランスが崩れて不自然な形になったり、ここは装飾が入るのでここまでは作り込まなくて良いという「逃げ」が生じるので、自分自身それは避けたかった。


やはり初めてチベタンスカルを見た時のあの衝撃を、しっかりと作品の中に入れ込まなければ意味がないと感じたからこそのこだわりであるのです。




そして無事リアルスカルリングも完成して、装飾を入れる段階に進みました。


装飾方法は色々悩み試行錯誤しましたが、やはり今の自分の力を最大限に発揮でき、納得のいく作品を創る事ができる方法にしようと思い、WAXを盛って創り込む方法にしました。



まぁいずれは真鍮で別パーツを作り、それをロウ付けするという作品ができれば良いかもですが、今自分にできる事はWAXで表現するという事なのでね





って前置きが長くなりすぎました



とにかく作品を見て頂かなければね




こちらです




チベタンスカル 1
チベタンスカル

チベタンスカル 2

チベタンスカル 3


チベタンスカル 4


チベタンスカル 5


s-RIMG2450.jpg




できるだけ実際のチベタンスカルの要素を取り入れつつ、Locmaria Art Worksとしてのセンスをいかに盛り込むか、そこがとても難しかったです。

また今回は石を入れる作品にしたかったので、4mmのタイガーアイを第3の目に配置しました。

タイガーアイは身に着けていると集中力が高まり、洞察力、知覚力をサポートしてくれて、その効果で仕事運が上がり財力や金運を向上させてくれると云われています。
なにより色模様が神秘的で、シルバーにもポイントとしてとてもよく馴染むので、今回はこの石を留める事にしました



さて、永きに渡り創りたかった作品が完成したので、いよいよ次の段階に進まねば

ってかオーダーも頂いているのでそちらも平行してやらんといかんね



継続は力なり

西本願寺


Category: 日記/日常の出来事   Tags: ---
先日仕事の合間に時間ができたので、西本願寺にちょろっと行ってきた

お参りに行った訳ではなく、写真撮りにって感じですが


まずはとにかく!!広い!!そんででかい!!
s-RIMG0368.jpg

そしてやっぱり一番にチェックしてしまうのは屋根瓦の装飾

カチーンとしてカッコいい鬼瓦とはまた違う存在感があった
s-RIMG0342.jpg

鳳凰の装飾もたまらん

s-RIMG0343.jpg

s-RIMG0365.jpg

s-RIMG0366.jpg

なんか星のようなキキョウの様な模様
s-RIMG0362.jpg


この白象は一番お気に入りこの滑らかな曲線と大胆な造形!深い…深すぎる
s-RIMG0376.jpg
s-RIMG0354.jpg

そして灯篭でかい
s-RIMG0346.jpg

龍の模様が上手くまとまっていて、勉強になるなぁ~
s-RIMG0347.jpg

台座もなにかに活かせそうなデザインだ
s-RIMG0359.jpg


んで!
なにより本願寺は門でしょう

s-RIMG0369.jpg

s-RIMG0371.jpg

すごい…

s-RIMG0372.jpg



木もでかいんだこれが!

s-RIMG0363.jpg

樹齢何年なんやろ?!
この存在感は、生きた証である
s-RIMG0350.jpg

s-RIMG0348.jpg

その脇にそっとたたずむ彼岸花
白い彼岸花って珍しいな

s-RIMG0349.jpg


とかなんとかやってる間に日も沈みだし
s-RIMG0352.jpg

s-RIMG0355.jpg

s-RIMG0373.jpg
なんか神がかってるぞーーーーー!!後光がさしとりました



いや?短い時間やったけど充実した時間が過ごせました

境内にはとても心地よい風が吹いていて、読書をする人やたそがれてる人とかもいて、なかなか癒しスポットに最適やなぁ~って感じました

北側の路地を入ったところには広い無料の駐車場もあるし、また行こうと思いました



最後に、こないだ一瞬だけ出現した見事なうろこ雲
5分後には完全に消えてました

s-RIMG0325_20101006004859.jpg

いいもん見れたーーー

10 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

09

11


 
カウンター
 
☆ページ移動☆
 
プロフィール

FUJIMO

Author:FUJIMO
34歳
O型
活動拠点:京都

京都府の山に囲まれた地域で育つ。
趣味で絵を描いたり、木工作品作りなどに没頭。
18歳から大阪での生活が始まり、そこから様々な人に出会い刺激を受け、また仕事柄様々な事を経験。
そこで養われた感性とアイディアを基礎として、ジャンルに囚われずに「良いものは良い」という精神で好きなことは何でも自分の中に取り込んで消化し、それをFUJIMOとしてどう表現できるかと考えながら独学で様々なことに挑戦をしています。

湧き上がるアイデアや衝動があるのなら、それを抑える必要なんてない。
創りたければ創れば良い。
自分の感性を信じれば良い。

Free style design & create


☆★ホームページ★☆
http://www.locmaria-art-works.com/

 
Lc.ツリーカテゴリー
 
 
過去の記事
 
ブログ全記事表示
 
 
メールフォーム
★☆ご質問などはこちらから☆★

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブログ内検索
 
 
この記事にリンクを貼る
 
Twitter on FC2
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。